設定から運用まで安心しておまかせ"いたれりつくせり"のクラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」

  • セキュア接続
  • ファイル復元
  • 設定はすべておまかせ
  • かんたん操作

20,000GBまで拡張できるように なりました。

月額 24,744 円(税込)〜1ユーザーあたり月額 1,237円(税込)〜

法人向け"いたれりつくせり"クラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」が選ばれる理由

クラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」なら、社内ファイルサーバーと同じ操作感で使えます。
外出先などどこからでも接続できて、ファイル復元機能も標準装備。
設定から運用まで安心しておまかせできる"いたれりつくせり"のクラウド型ファイルサーバーです。

どこからでもセキュアに接続リモートアクセスVPN が標準装備なのは当社のみ!

クラウド型だから、営業支店や外出先などどこからでもセキュアに接続できます。モバイル等の端末からアクセスできる「リモートアクセスVPN 機能」を標準装備!「拠点間VPN」もオプション対応可能です。セキュアな通信環境を提供します。

ファイル復元機能安心のボリュームシャドウコピー(VSS)機能つき

ファイルやフォルダの変更履歴を定期的に記録するボリュームシャドウコピー(VSS)機能を標準装備しています。重要なファイルを誤って削除してしまった場合でも復元させることができるので安心です。

おまかせ設定導入時設定代行が無料なのは当社のみ!

導入時の面倒な設定は必要ありません。お客さまに代わり初期設定から、監視・復旧にいたるまで代行いたしますので、煩わしい作業は一切ありません。また安心の無料サポートを実施しております。

かんたん操作社内利用時と変わらない操作感

日ごろ利用している、社内ファイルサーバーを操作する感覚で使えます!
Windowsファイル共有機能のほか、アクセス権限設定やお客さまのサイトに設置されているActive Directoryサーバーへ参加させることも可能です。

これらが”全部コミコミ”でご利用いただけます。
ご契約前のお客さま窓口(平日10:00〜18:00)
0120-312-614

※デモ環境をご希望の方は「お見積もり・お問い合わせ」フォームからお問い合わせください。

社内ファイルサーバーからの追加・移行もかんたん
初めてのファイルサーバー導入にも最適です

社内ファイルサーバーに追加でクラウド型ファイルサーバーを導入したい方

社内ファイルサーバーと併用するかたちで追加導入はできる?

ファイル執事は必要なディスク容量、利用可能ユーザーを個別に設定できるため、社内のプロジェクトやチーム、部門での導入に適したサービスです。
またActiveDirectory連携に対応しているので、既存の社内ファイルサーバーと併せた一元管理も可能です。

社内ファイルサーバーからクラウド型への移行を検討している方

そろそろクラウドを検討したいけど、コストとかセキュリティとか実際どうなの?

社内ファイルサーバーで必要な「ハードウエアやソフトウエアの保守費用」や「人件費」といったコストはファイル執事では不要になります。
セキュリティについては、リモートアクセスVPNによる「安全な接続」とクラウドならではの「ハードウエア障害への高い耐性」を実現しており、重要ファイルの取り扱いにも適しています。
また社内ファイルサーバーと同じ操作方法で利用できる点もメリットです。

初めてクラウド型ファイルサーバーを導入する方

オンラインストレージなど類似のサービスと比べて、ファイル執事は何がいいの?

Dropboxに代表される「オンラインストレージサービス」と比べた場合のメリットは、普段、使っているパソコンのフォルダにアクセスするのと同じ操作方法で利用できるため導入が容易であること、同期型のサービスと違ってローカルディスクの容量を圧迫しないこと、といった点が挙げられます。
またセキュリティについてもリモートアクセスVPNをインストールした端末のみアクセスできるので、ID/パスワードによるアクセスに比べて安全性が高いと言えます。

クラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」のご利用イメージ

どこからでもセキュアな接続でデータへのアクセスが可能です。

「クラウド型ファイルサーバー」とは?

現在、クラウド環境で利用できるファイルサーバーサービスには、「オンラインストレージ」「クラウドストレージ」などさまざまな名称で呼ばれるサービスが存在します。その中で、クラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」は従来の社内ファイルサーバーをそのままクラウド環境に移行したサービスになります。

「オンラインストレージ」「クラウドストレージ」では、ブラウザや専用アプリを利用してローカルファイルとクラウド上のファイルを同期するタイプが一般的ですが、クラウド型ファイルサーバー「ファイル執事」の場合、クラウド上のストレージをパソコンのデスクトップにマウントして、ファイルの保存や編集ができます。

「オンラインストレージ」「クラウドストレージ」と比較した場合、ローカルディスクと同じ直感的な操作方法で利用できるため、既存環境からの移行や追加がしやいこと、またお客さまのご要望に合わせてセキュリティ要件などのサービス仕様をカスタマイズすることができるといった特長があります。

国際的なセキュリティ基準にのっとった運用体制

ISMS取得証明書
GMOクラウド株式会社は、情報セキュリティ管理のグローバル・スタンダード基準とされる第三者認証基準であるISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」ならびに「JIS Q 27001:2006」を取得しています。
また、ファイル執事の基盤として利用しているクラウドサーバー「ALTUS」でもクラウドサービスに関する情報セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27017」を2018年10月に認証取得しています。

GMOクラウド株式会社は、ホスティングサービス事業およびソフトウエアのライセンス販売事業を通じて多くのお客さまの情報をお預かりし厳重に保護しております。

ホスティングサービス / クラウドサービスにおいて11万社を超える運用実績

GMOクラウド株式会社は東京証券取引所市場第一部に上場しています。Web インフラ・EC 事業の一翼を担う企業として、ホスティングサービス事業、セキュリティサービス事業、ソリューションサービス事業を世界的に展開。
インターネットデータセンター(iDC)の品質にも徹底的にこだわり、国内有数のクオリティーを備え、高いサービス品質を支えています。

GMOクラウド

すべての人にインターネット
関連サービス